駐車場を安く借りるコツ

どうすれば月極駐車場を安く借りることができるのでしょうか。そのコツは何でしょうか。

まず大切なことは月極駐車場の情報を集めるということです。自分の近所にどれほどの駐車場があるか情報を収集することが安く借りる第一歩です。その点で今はネットというツールがあります。
ネットで検索すると情報を簡単に得られると思うかもしれませんが、残念ながら駐車場についてはあまりネットでは引っかかってきません。なぜなら、駐車場はそれほど収益が上がらない物件なので、どこも広告に力を入れているわけではないからです。そこでネットではなく、自分の足で近くの駐車場を探すことが必要です。

次に目をつけるのは舗装されていない駐車場です。舗装されていない駐車場の中には不動産が管理していない駐車場があります。つまり、個人で管理している駐車場です。こうした駐車場の場合には不動産を仲介しないので、仲介料が発生しないため安く借りることができます。もちろん、注意したいのは防犯面です。管理があまりにも行き届いていないような場合には注意が必要です。

最後に家の近所にふさわしい月極駐車場がなかなか見つからない場合には、コインパーキングを利用するというのも方法の一つです。とりあえず、コインパーキングに駐車してその間に安い駐車場を探すようにすれば、焦って高い駐車場を契約しなくて済みます。

 

利便性と値段のバランスが大切

安い駐車場を借りるためにはいくつのかコツが必要です。同時に、駐車場の価格の仕組みを考えると自分で駐車場を借りるときにはどのポイントを優先するべきかを把握しておくことが大切です。

例えば、家の近くの駐車場だと少し料金が高くなってしまうという場合には駐車場の範囲を広げることによって安い駐車場を見つけることができます。特に家が駅前などの立地の良いところにある場合には、家の近所で探すのではなく徒歩5分圏内に対象を広げるようにしましょう。そうすることで、価格的にお手ごろな駐車場が見つかるかもしれません。

また、毎日マイカーを利用しない場合には家の近くでなくても良いかもれません。週末だけ利用するという場合には多少家から離れていても面倒とは感じないはずです。とはいえ、毎日利用するという人の場合には多少高くても家の近くにあったほうが利便性がありストレスなく過ごすことができます。

ポイントは自分のライフスタイルに合わせてどこを重視するかをはっきりさせておくことなのです。そうすれば、例えば利便性を重視するのであれば、多少高くても駐車場を借りても後悔しないはずです。逆に、それほど利便性を重視しないのであれば、少しでも安い駐車場を借りたほうがお得です。

駐車場の価格が決まる仕組み

引越しをしたときに探さなければいけないのが駐車場です。特に、東京都内などでは月極駐車場が家の近くにないということもあるかもしれませんし、駐車場代も1カ月で2,3万円は当たり前です。では、高い駐車場、そして安い駐車場にはどのような違いがあるのでしょうか。駐車場の価格が決まる仕組み、要素は何でしょうか。

高い駐車場と安い駐車場の違いは立地です。駐車場の価格が決まる大きな要素はどれだけ便利な土地にあるかということです。例えば、都心にある、駅の近くにある、オフィスの近くにあるというような利便性の高い土地にある駐車場は高くなる傾向にあります。

次に価格が決まる要素としてあげることができるのは、立体か平面かということです。特に都内だと立体の駐車場も多くあります。利用する側からすると平面のほうが便利です。そのため平面のほうが高くなるのではないかと思うかもしれません。しかし、実際には立体のほうが設備費がかかるため駐車場代が高くなります。つまりコストがかかるわけです。

さらに価格が決まる要素として舗装しているかどうかという点もあります。舗装しているほうがもちろん価格は高くなります。砂利の場合には駐車しているうちに車が汚れてしまうということもありますので、舗装されているほうが安心して駐車することができます。

最後の要素はいつから契約しているかというタイミングです。例えば、隣同士で駐車代が違う場合があります。これは、なかなか駐車場の借り主が見つからないので、不動産屋で1カ月の賃料を下げたということです。つまりタイミングです。