駐車場の価格が決まる仕組み

引越しをしたときに探さなければいけないのが駐車場です。特に、東京都内などでは月極駐車場が家の近くにないということもあるかもしれませんし、駐車場代も1カ月で2,3万円は当たり前です。では、高い駐車場、そして安い駐車場にはどのような違いがあるのでしょうか。駐車場の価格が決まる仕組み、要素は何でしょうか。

高い駐車場と安い駐車場の違いは立地です。駐車場の価格が決まる大きな要素はどれだけ便利な土地にあるかということです。例えば、都心にある、駅の近くにある、オフィスの近くにあるというような利便性の高い土地にある駐車場は高くなる傾向にあります。

次に価格が決まる要素としてあげることができるのは、立体か平面かということです。特に都内だと立体の駐車場も多くあります。利用する側からすると平面のほうが便利です。そのため平面のほうが高くなるのではないかと思うかもしれません。しかし、実際には立体のほうが設備費がかかるため駐車場代が高くなります。つまりコストがかかるわけです。

さらに価格が決まる要素として舗装しているかどうかという点もあります。舗装しているほうがもちろん価格は高くなります。砂利の場合には駐車しているうちに車が汚れてしまうということもありますので、舗装されているほうが安心して駐車することができます。

最後の要素はいつから契約しているかというタイミングです。例えば、隣同士で駐車代が違う場合があります。これは、なかなか駐車場の借り主が見つからないので、不動産屋で1カ月の賃料を下げたということです。つまりタイミングです。